2011年01月01日

育児でのしつけ

◇しつけの難しさ◇

しつけに対する考え方は、時代とともに変わります。また、時代とまでいかずとも、親の世代により、何が正しいしつけなのか、ということが変わってきます。

勿論、これだけはいつの時代でも通用する、というベーシックなしつけもあるでしょう。

いずれにしても、しつけの難しさは、子育ての難しさそのものといっても良いかもしれませんね。

たとえば少し前であれば、とにかく我慢することを教えるのが重要でした。そして、実際にそのようなしつけを受けて育った子は、社会に出てからも忍耐力があると言われています。

ただ、これも科学的な根拠を見いだせるほどの統計に基づいたものではありませんね。そもそも「我慢強い」の数値化が難しいのですから。k

ただ、今時の若者や子供が、ものごとを我慢しなくなっていることも事実もようです。これは確かに、子供の気持ちを優先してあげよう、という育て方の結果なのかもしれません。

また、核家族化が進む前の時代であれば、厳しい親とともに、優しいおじいさんやおばあさんといった存在があり、子供が厳しいしつけを受けても、ちゃんと逃げ込む場所があったというバランスの良さがありました。

しかし、いまでは親がひたすら厳しい場合、子供には逃げ場所はありません。その結果、子供なりに賢く振る舞うので、親の前では言いつけを守り、親が見ていないところではその反動としての行動をとってしまう、ということもあり得ます。

勿論、他人とのコミュニケーションをとれるようになってからは、社会的な礼儀や、公共の場で他人に迷惑をかけない、といった行動がとれるようにしてあげなくてはなりませんが、最近は、そのようなしつけができていない子供や親が多く見られるのは残念なことです。





ともかく、子供のしつけが難しいというのは、いつの時代でも共通のテーマだと思いますね。
posted by 子煩悩 at 16:34| 育児としつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

育児と寝かしつけ

◇焦りは伝わる?◇

子育て中でも、親はいろいろやりたいことがありますよね。

そんなときに困るのが、子供がなかなか寝付かないことです。

こんな時には、早く寝かせようと焦ったりすると、かえって子供は眠らなくなります。

どうやら親の焦りが子供にも伝わってしまうのでしょう。あるいは、これから何か始まるのかもしれない、という期待を抱かせてしまうのかもしれません。


◇儀式を用意する◇

これをしたら眠くなる、という習慣を付けることを、就眠儀式と呼びます。

就眠儀式は大人でも有効ですが、子供であれば、なお有効です。

就眠儀式は子供によっていろいろあります。たとえばおしゃぶりをすると眠くなる子、ある特定のぬいぐるみをだっこすると眠くなる子、ママの子守歌を聴くと眠くなる子などです。

ですから、子供が眠くなるときが、いつもどのような状況なのか、観察しておくと良いでしょう。


◇自分が寝てしまう◇

子供は、母親が寝てしまうと、つられて寝てしまうことがよくあるようです。

ですから、子供を寝かしつけたいときは、まず自分が寝たふりをしてみると良いでしょう。

子供によっては、母親の寝息を聞くと安心して眠ってしまうこともありますので、焦らずに眠ったふりをしてみるといいでしょう。

ただ、眠ったふりが、そのまま本当に寝てしまうことがありますので、注意が必要ですね。


◇お風呂に入らせる◇

早めに寝付く習慣を付けるために、早めの晩ご飯とお風呂も効果的です。

お風呂に入ったあとは、体温が下がりますので、眠たくなることが多いのです。

ですから、早めに晩ご飯を食べさせて、お風呂に入れてあげましょう。

そのうち、お風呂に入ったら、寝るという習慣がつきますので、この行為が就眠儀式となることも期待できます。





posted by 子煩悩 at 16:33| 育児としつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

泣く子の育児

◇泣き続ける赤ちゃん◇

昼でもストレスのたまる赤ちゃんの泣き声。夜であればなおさらですね。

最初のうちは、「どうして泣いているんだろう?」とその原因に不安が募りますが、あまり泣かれてばかりいると、赤ちゃんの心配よりも、「いい加減にして!」と怒りや憎悪に変わってしまいます。

こうなると赤信号ですね。

それでは赤ちゃんが泣いているのは何故なのでしょうか。


◇赤ちゃんが泣く意味◇

わたしたちは、日常、多くの意思表示を動作や言葉で表現していますね。赤ちゃんも意思表示をしているのですが、とにかく動作も言葉も知らないですから、ひたすら泣くしかないのです。

つまり、赤ちゃんにとって泣くことが唯一の自己表現です。そしてそれは、生きるためのすべでもあるのですね。


◇どうして泣き止まないの?◇

いくら泣くのが赤ちゃんの自己表現だとしても、いい加減泣き止まないと不安になりますし、それを超えるといらいらに変わってしまいます。

赤ちゃんが泣き止まないときは、いくつかの理由が考えられます。

  • おしりが汚れているのに気づいてもらいたいとき。
  • おなかがすいているとき。
  • 喉が渇いているとき。
  • 暑いとき。
  • 寒いとき。
  • 音がうるさいとき。
  • 眠たいとき。
  • 体調が悪いとき。


他にも考えられますが、主な原因は以上の様なことが考えられます。

ですから、間ありに泣き止まないときは、これらの原因を確認して挙げましょう。


◇赤ちゃんを泣き止ませる方法◇

前述の通り、赤ちゃんが泣き止まない原因がわかれば、泣き止んでくれるはずですが、よくわからない状況で泣いているときは以下の方法を試してみましょう。

  • おしゃぶりをすわせる。赤ちゃんは何かをしゃぶると、落ち着いてくれることがあります。
  • 揺らしてあげる。赤ちゃんは、揺らしてあげると落ち着いてくれることがあります。これは胎内での記憶とも言われています。
  • 隅っこで寝かせてあげる。赤ちゃんは、部屋の角などの隅っこに置かれると、落ち着くことがあります。
  • タオルなどでくるんであげる。赤ちゃんはくるまれると安心することがあります。
  • 音楽を聞かせる。簡単な音楽で良いでしょう。吊りメリーなどの曲で落ち着いてくれることがあります。
  • 心地よい疲れを与える。散歩に連れ出してあげると、赤ちゃんは外部の刺激に対応するために疲れてしまい、帰宅と同時に寝てしまうことがあります。





posted by 子煩悩 at 16:31| 育児としつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

育児と夜泣き

◇夜泣きかどうかの判断◇

寝付きは良かったのに、突然夜中になってから泣き出してしますのが夜泣きです。

特に生後3ヶ月前後から1歳半くらいまでの間に夜泣きが多くなります。

そして、夜泣きのやっかいなところは、原因が特定できない場合を示すからです。つまり、原因がわからないので、対応が難しいのですね。

逆に、泣いている原因が明確な場合は、その原因で対応できるから良いのです。

たとえば、おむつが汚れていれば取り替えれば良いですし、空腹であればミルクをあげればよいでしょう。また、暑かったり寒かったりする場合は温度調整してあげることが大事です。

しかし、夜泣きはこれらのような明確が原因がありません。


◇夜泣きを区別すべき信号◇

夜泣きと思っていたら、実は体調が悪いことを訴えている場合があります。このような場合は注意が必要です。

特に、いつもの夜泣きと様子が違うというときは注意してあげましょう。

疑わしいのは、まず、間隔(数分ほど)ごとに泣いたり、吐いてしまったり、血便が合った場合は、腸重積が疑われます。

また、発熱している場合は、風邪や中耳炎の危険もあります。

さらに、股の付け根が晴れているようであれば、ヘルニアの可能性が疑われます。

軽い物では、おむつによるかぶれなどもあります。

これらの場合は、念のため病院で診断を受けた方が良いでしょう。


◇夜泣きには原因がないの?◇

夜泣きには明確な原因がありません。いや、正確に言うと、何かしらの原因はあるのですが、それが病気の時などのようには特定することが難しいのです。

現在考えられているのは、まだ睡眠が未熟なためではないかとか、昼間のストレスではないかと言われています。


◇夜泣きへの対応◇

夜泣きが始まったら、どうすれば良いのでしょう。

まずできることは、赤ちゃんをだっこして揺らしてみましょう。それで赤ちゃんが安心することがあります。

次にミルクなどでおなかいっぱいにしてあげることも試してみましょう。無理に与える必要はありませんが、案がおなかがすいていた、ということもあります。

他にも、添い寝をしてあげて、背中を軽くたたいたり、小さな声で子守歌を歌ってあげるとおとなしくなることがあります。

また、夜泣きの対策として、昼間のうちの行動で夜泣きを防ぐこともできます。

要するに、昼間のうちに1〜2時間程度でも、外に連れて行ってあげるなどして適度に疲れさせてあげると、夜中はぐっすりと寝てくれることがあります。

夜泣きを止める、思い切った方法に、外出するというものもあります。

ただし、この方法はご近所に迷惑をかけないように注意しましょう。

車に乗り慣れている赤ちゃんであれば、近所をドライブしてあげるだけで、眠ってしまう場合もあります。

とにかく、赤ちゃんの夜泣きが始まったら、放っておかずに、かまってあげることが大事ですね。





posted by 子煩悩 at 16:30| 育児としつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

育児と指しゃぶり

◇指しゃぶりは何のため?◇

赤ちゃんの指しゃぶりは、2ヶ月くらいから始まることが多いようです。

特に3〜4ヶ月ころになると、指しゃぶりも盛んになります。見つけた物は何でも口に入れようとする頃です。

この指しゃぶりは赤ちゃんにとっても落ち着く行為のようで、無理にやめさせる必要はありません。


◇指しゃぶりの原因◇

赤ちゃんの指しゃぶりは、早い子ですと子宮の中にいるころから始めているらしく、生まれてきたときには既に親指にタコができているということもあります。

赤ちゃんは母親のおっぱいを吸っている時が落ち着くときで、それ以外の時は代用として自分の指をしゃぶっているのではないかとも考えられています。

指しゃぶりは、母乳よりもミルクで育った子に多いとか、添い寝が不足している子に多いと行った報告も見られます。

また、指しゃぶりをすると、必然的に鼻で呼吸をせねばならず、鼻呼吸を身につけるきっかけになっているという考え方もあります。

ただ、3歳を過ぎてもまだ指しゃぶりをしていると、上の歯並びに影響がでるとも言われており、この場合は対策を考えてあげる必要があるかもしれません。


◇指しゃぶりをやめさせる方法◇

結局、赤ちゃんの指しゃぶりを無理なくやめさせるには、指を他のことに使わせるか、気を紛らわせることが良いようです。

たとえば、指しゃぶりを始めたら、握らなくては遊べないおもちゃを与えてあげると、指しゃぶりをやめることがあります。

また、夜寝るときに指しゃぶりを始めるようなときは、赤ちゃんが不安になっている可能性もありますので、添い寝して背中を軽くたたいてあげるなどすると良いでしょう。

要するに、指を使わせたり、安心を与えることが、指しゃぶりを自然に減らしていく方法だと言えます。





posted by 子煩悩 at 16:29| 育児としつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

育児とトイレトレーニング

◇「おむつ外し」から「おむつ外れ」へ◇

以前、「おむつ外し」とは、そろそろおむつを外すべき時期だ、と親が判断して赤ちゃんのおむつを外すことを言いました。

しかし、今では「おむつ外れ」と呼ぶようになってきています。

これは、むりやり大人の都合でおむつを外すのではなく、赤ちゃんごとの成長に合わせて、自然とおむつを外せる時期を見計らってあげようという考え方で、今ではこちらの考え方が主流になってきています。

それでは、トイレトレーニングのステップを見ていきましょう。


◇おしっこやうんちの認識◇

赤ちゃんに、おしっこやうんちの認識をさせるために、おむつを取り替えるときには「うんちしたね」とか、「おしっこしたね」といった言葉を書けてあげるようにしましょう。

そうすることで、赤ちゃんはだんだん、それがおしっこやうんちなのだと理解するようになります。つまり、自分な何をしたかったのか、ということがわかる手助けをしてあげるのです。


◇トイレへの好奇心を持たせる◇

おまるを見せて上げたり、トイレごっこをしたり、あるいは親がトイレに行くときに一緒に連れて行ってあげたりすることで、赤ちゃんにトイレへの好奇心を持たせるようにしましょう。


◇トイレのタイミングを教える◇

子供がトイレを覚えるタイミングとして、朝起きたときや食事の後などを見計らって、「おしっこする?」と「うんちする?」、あるいは「トイレする?」などと言葉を書けてトイレに座らせるようにします。


◇トイレを使わせる◇

ある程度トイレというものがどういうときにつかうものなのか、ということを教えてきたら、次の段階として、トイレに行きたくなる様にします。

このためには、子供がおしっこやうんちが出そうだ、と感じるまでトイレに連れて行かなくするのです。

こどもがそわそわし出したり、場合によっては「おしっこ」と言葉にするようになったら、トイレにつれていくようにします。

つまり、トイレに行くまでは用を足さない用にさせるのです。

このようにして、徐々にトイレの使い方を覚えさせていきましょう。





posted by 子煩悩 at 16:28| 育児としつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。