2011年01月01日

育児と母乳の授乳

◇母乳を与えることのメリット◇

赤ちゃんに必要な栄養が、バランスよく、しかも赤ちゃんにとって消化吸収が容易な状態にあるものが母乳です。

しかも母乳には免疫物質も含まれていますので、赤ちゃんの病気への抵抗力を高めるためにも必要ですね。

しかも母乳には、赤ちゃんのためだけの養分が入っているわけではありません。母乳には、子宮の大きさを元に戻す働きのあるホルモンが含まれており、産後の母体の回復にも必要なものなのです。


◇母乳はどうやって出るでしょう◇

母乳がでるきっかけは、赤ちゃんが乳首を吸うことです。その時の刺激が母親の脳下垂体に伝わります。

その結果、プロラクチンとオキシトシンというホルモンが分泌されます。

まず、プロラクチンが、血液を母乳に変える命令を出します。そしてオキシトシンが母乳を入館から押し出す命令を出します。

ただ、最初の頃はこの命令がうまく伝達されないこともありますが、だんだんなれてきます。


◇授乳の方法◇

まず、母親は楽な姿勢を探してください。この姿勢によって母乳の出方が変わりますから、無理な体勢は避けましょう。

次に赤ちゃんが乳首だけを加えているようなときは、乳輪まで加えるようにさせましょう。

授乳時間の目安は10〜15分程度です。

途中で左右おっぱいを交換して飲ませましょう。

また、授乳後は、縦抱きにして、赤ちゃんが母乳を飲むときに一緒に飲んでしまった空気を出すためにげっぷをさせてあげましょう。





posted by 子煩悩 at 16:46| 育児と食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。