2011年01月01日

育児と離乳食

◇離乳食の目的は?◇

離乳食にはいくつかの目的があります。

一つは、母乳には重要な栄養が含まれていますが、赤ちゃんが成長すると、やはり不足する栄養がでてきます。

そこで、それらの栄養を補うために、離乳食が必要となります。

もう一つは、赤ちゃんの口の機能の発達に見合った食事を与える必要です。

まだ歯がないとはいえ、赤ちゃんは上下の顎をつかったりのどの機能を発達させて、飲み込むこと、下と上顎でつぶすこと、歯茎でつぶすこと、などを覚えていく必要があります。

そのために、離乳食が必要となります。

さらに、赤ちゃんの味覚の発達があります。この発達に合わせて、母乳以外の味を与える必要があるのです。

そこで、離乳食が必要になりますね。


◇離乳食はいつから?◇

離乳食をいつから始めるべきか、ということについては、常にいろいろな説が出ており、この時期だ、という基準がなかなか見つかりません。

最近では、急がない方が良い、という傾向があります。

これは、赤ちゃんが母乳だけでも生後6ヶ月までは十分に健康な成長をすることがわかってきたからです。

そのため、早すぎる離乳食は、赤ちゃんにとって負担が大きいと考えられるようになりました。

また、赤ちゃんの消化機能も、このころまで十分に発達していないということもあります。

そのため、早くから母乳をやめて離乳食にしてしまうと、必要なタンパク質などが吸収できないということがあります。同時に、アレルギーのリスクも高くなると考えられています。

ですから、目安としては、離乳食は早くても生後4ヶ月を過ぎてから、逆に遅くとも生後7ヶ月までには始めるとというのが現在の基準です。





posted by 子煩悩 at 16:45| 育児と食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。