2011年01月01日

育児と外出

◇外出しない方が良い期間◇

赤ちゃんを連れて外出することは非常に大切なことなのですが、まだ生まれてから1ヶ月目までの新生児に限っては、極力外出を控えた方が良いでしょう。

それは、まだ新生児は自分の体温調整がうまくできません。そのため、外出時の気温や環境の変化に対応できないことがあります。

他にも、産後の母体もまだ不安定です。できるだけ外出の負担を避けるようにしたいものです。

どうしても赤ちゃんと外出せねば鳴らないときも、まだ公共の交通機関は使わず、自家用車やタクシーなどをりようすることで、新生児と母体へのストレスを少なくするように注意しましょう。


◇いよいよ外出するとき◇

いよいよ赤ちゃんを連れて外出する時が来ました。この頃の赤ちゃんは、まだ横抱きにしてあげましょう。横抱きのだっこひもやスリングなど、家の中で試してみて、使いやすいものが見つかってから外出することをお勧めします。

また、ベビーカーを使用する際も、座面がフラットになっているタイプで、極力振動が赤ちゃんに直接伝わらないような性能のものを選ぶようにしましょう。

夏の外出では、赤ちゃんを日差しから守ることが大切です。また、着せすぎないようにもしましょう。夏の外出は十分注意しながら行ってください。

赤ちゃん用の持ち物としては、おむつを4〜5枚、着替えを一式、汚れたおむつや衣類を入れるためのビニール袋、おしり拭き、ガーゼやタオルなどを用意しましょう。

また、外出先でミルクをあげる場合は、ほ乳瓶とミルク、お湯も必要になりますね。

診察券や母子手帳なども、すぐに取り出せるところに携帯しておくと良いでしょう。





posted by 子煩悩 at 16:27| 育児と生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。