2011年01月01日

児童手当

※以下の情報は、改正されている可能性がありますので、制度をご利用になる際は、必ず後述の問い合わせ機関に内容を確認するようにしてください。

◇注意点◇

平成22年度は、児童手当が支給されません。これは子ども手当が支給されるためです。


◇児童手当制度とは◇

児童手当制度は国の制度で、児童の養育をしている課程の生活を安定させ、児童の健全な育成を目的としています。

児童手当の支給対象は、小学校修了前までの児童を養育している人です。

ただし、一定以上の所得がある場合は対象外となる所得制限があります。


◇所得制限と支給額◇

所得制限限度額は、扶養家族の人数や加入している年金の種類により異なります。

たとえば夫婦と児童2人がいる世帯であれば、サラリーマンの場合は860万円未満であること、自営業の場合は780万円未満であることが条件となります。

支給月額は、乳幼児(0歳以上3歳未満)1人あたり一律で10,000円。3歳以上の児童が2人以内であれば、人地に着き5,000円。3歳以上の児童3人以上であれば、第1子、第2子については児童1人につき5,000円、第3子以降の児童1人につき10,000円となります。

支給開始は、申請した月の翌月からとなり、年に3回に分けて支給されます。

申請に必要なものは、「児童手当認定請求書」「年金加入証明書」「健康保険被保険者証(写し)」などですが、自治体により異なりますので、事前に問い合わせておきましょう。

問い合わせ先は、市区町村の役所になります。ただし、公務員は勤務先になります。





posted by 子煩悩 at 16:22| 育児の補助金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。