2011年01月01日

育児休業給付金

※以下の情報は、改正されている可能性がありますので、制度をご利用になる際は、必ず後述の問い合わせ機関に内容を確認するようにしてください。

◇育児休業給付金とは◇

育児休業給付金は、育児休業を取得したひとに給付金を支給する制度で、1歳未満の子供を養育している人が対象となります。

また、子供が1歳2ヶ月になるまで育児休業を取得できるパパ・ママ育休プラス制度では、支給対象期間の延長を行えば、1歳6ヶ月になる前まで育児休業を取得できます。

育児休業給付金の対象は、正社員だけではなく、期間雇用者(派遣社員など)や短時間労働者(パート勤務など)も対象と鳴りますが、雇用保険に加入しているなどの一定の要件を満たしている必要があります。

申請者は父・母いずれでも良く、父母ともに育児休業を取得するためには、パパ・ママ育休プラス制度を利用します。

育児休業給付金の対象者が養育している子供は、実子か養子かは問われません。

子供が1歳に達するまでを支給対象期間としています。ただし、理由により1歳6ヶ月までの延長も認められます。

育児休業給付金が支給されるには、以下の要件他を満たしている必要があります。

  • 育児休業期間中の賃金が休業開始前の賃金の8割以上支払われていないこと
  • 各支給対象期間(1ヶ月)ごとに育児休業による休業日数が20日以上あること

※休業終了日が含まれる支給対象期間(1ヶ月)は休業日数が1日以上あること
  • 育児休業開始日前2年間に、賃金支払基礎日数が11日以上ある月が12ヶ月以上あること



◇支給金額など◇

1ヶ月当たりの支給金額は、以下の計算式によります。

  • 支給額=休業開始時賃金日額×支給日数×40%


ただし、以下の減額または不支給条件もあります。

  • 休業開始時賃金日額×支給日数の30%を超える場合は、支給額を減額
  • 休業開始時賃金日額×支給日数の80%以上の場合は、給付金は不支給


支給対象期間は、子供が1歳になるまでの育児休業期間中で、育児休業終了日がある月については、その終了日までとなります。

ただし、母親の産後休業8週間は対象外となります。

申請には「育児休業給付金支給申請書」「育児休業給付受給資格確認票」「支給申請書の記載内容を確認できる書類(賃金台帳や出勤簿等)」「印鑑」などです。

申請先は勤務先となります。勤務先の事業主は、事業所を管轄する公共職業安定所に支給の申請を行います。

申請は、休業開始日初日から4ヶ月後の月末までです。ただし、これは事業主が申請する場合です。

問い合わせ先は、事業所の所在地を管轄する公共職業安定所です。





posted by 子煩悩 at 16:12| 育児の補助金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。