2011年01月01日

育児中のイライラ

◇イライラするのは当然◇

子育てはイライラの連続です。穏やかに育てているように見えるのは、隣の芝生は青いというもの。実は皆、イライラしています。

ただ、その程度や、解消方法を持っているかどうかの違いです。でもそれが大きな違いになりますね。

イライラをためると、自分にも、子供にもよくありません。

そこで、イライラを解消する方法を考えてみましょう。


◇一人の時間を細切れでも◇

子育ては毎日24時間拘束されている様な気がしますが、実は結構隙があるものです。その隙を見つけるのが上手な人と、相ではない人がいるのです。

この違いが、イライラをストレスとしてためてしまうかどうかの分岐点ですよ。

たとえ30分でも構いません。子供が不在の時、寝ているとき、どんなときでも隙を見つけたら何をするか決めておきましょう。

例えば子供がお昼寝のとき。無理に何かをしなくても、例えばゆっくりぼんやりとコーヒーを飲むことでも良いのです。子供と関係ないことをしてみましょう。

たったそれだけのことでも、イライラが減り、子育てのエネルギーがわいてきますよ。


◇子供が寝る習慣を付ける◇

子供が早く寝る習慣を持つと、かなり楽になります。

そこで、子供が早く寝るような環境を作ることも大切になってきますね。

例えば、夕ご飯の後に、お風呂に入って、歯磨きして、ベッドに入ったら、絵本を読んであげる、といった習慣の延長に、同じ時刻になったら消灯する、という癖を付けましょう。

これでうまく寝てくれるようになれば、自分の時間が増えてきますよ。


◇おしゃべりで発散◇

子育てのイライラだけでなく、日常生活のなかでも仕事でも、イライラしたときは、気の合う仲間と雑談することが、効果的なストレス解消になります。

話の内容など何でも良いのです。映画の話、子育ての愚痴、旦那様の愚痴、趣味の話、思い出話。とにかくおしゃべりはストレス解消に有効です。

子育てが一段落したらこんなことをしたい、といった話でも良いでしょう。

なにも悩み事が解決しなくても良いのです。ストレスが発散でき、肩の力が抜けることで、固まっていた脳が柔軟になり、視野が広がります。そして、また前向きな気分を取り戻せますよ。

誰かと気軽におしゃべりすることで、肩の力が抜け、イライラ感が解消され、すっきりします。仕事、勉強、家庭、育児、など・・・。


◇自分を誉める◇

さて、一日が終わったら、化粧台の前でも、お風呂の中でも、ベッドの中でも構いません。

今日も自分は良くやった、と心の中で(勿論声に出しても構いません)誉めてあげましょう。

そして、また、明日からがんばりましょう。





【関連する記事】
posted by 子煩悩 at 16:04| 育児のストレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。